Hudson Valley Sustainable Communities Network

ホーム

データ

産官学

テーマ

持続可能性

活動

掲示板

賛同者

メンバー


持続可能性


水産資源の持続可能性
水産資源を乱獲しないよう生態環境を維持しながら効率の良い漁獲量を確保する。
日本政府は国際連合食糧農業機関に対して日本の独自提案を行っている。

有限資源の持続可能性
すべての物質には限りがありますが、消費し続ける事によって環境体系が変化し生活に悪影響を及ぼす可能性があります。
インターネットの普及により情報伝達は一瞬で世界を駆け巡り影響力を増していますが、環境保全に対する知識も個人が簡単に得る事ができ、意識の高まり次第では人類が一丸となって環境保護に取り組める事になるでしょう。
環境保全なくしては人間の活動そのものが将来に渡り持続可能性がなくなる日がやってくると考えられています。
有限資源の代表格といえる化石燃料は採掘しつくせば得ることはできなり、代替エネルギーについて国や企業や教育機関で研究されています。
化石燃料に依存した文明は持続可能性がないと有識者による意見が発表されています。
私たち一人一人が環境意識を持ちリサイクルによる資源の再生利用など積極的にエコ活動に努める事が重要です。

廃棄処理の持続可能性
産業廃棄物は焼却や再利用できない類があり、長期的な処理方法として埋立地を利用します。
埋立地にも物理的限界があり、環境にも配慮しなければなりません。

持続可能な開発など
「将来の世代を損なうことなく現役の世代の環境を満たすこと」と持続可能を条件とした開発をブルントラント委員会は挙げています。開発のみに関わらず"すべての持続可能性"が述べられています。

ユネスコ公表の持続可能性
ユネスコは世界中の国家、教育、科学、文化などの機関や企業及び民間などが参画し、平和や福祉などの促進を目的とした国際連合の専門機関です。
世界遺産、自然遺産、文化遺産、創造遺産、発明遺産など、あらゆる方面で持続可能性を捉えています。

ハドソンバレー サステナブル コミュニティネットワーク
Hudson Valley Sustainable Communities Network